スモークサーモン(冷燻・温燻)

カナダの魚と言えばサーモンが有名。
毎年秋頃に生まれ故郷へ戻ってくるサーモンが川を遡上する様子は一見の価値有りです。

その厳しい自然で育ったサーモンは、身が大きく締まっており、なおかつ脂も乗っていて必ず食べたい食材です。
脂タップリのキングサーモンと、赤身がしっかりしているサッカイサーモンが二大メジャー。

日本料理店などではお刺身やお寿司として食べることが出来ますが、お土産として買うならお薦めなのは20℃ほどの低温で燻製された(冷燻)スモークサーモンがお薦め。
日本で一般的にスモークサーモンとして流通している半生タイプのもので、お酒のつまみやサラダ、そのまま食べても美味しいですね。
冷凍して運ぶ必要があるので、日本へ持ち帰る際には保冷剤が必須。
もちろんバンクーバー店では保冷剤もご用意しています。

生タイプが苦手という方や、手軽に運びたいという方には、レトルト加工で半年以上もつタイプ(温燻)がお薦めです。
カナダらしく楓の木で燻された商品は、香りも味も楽しめます。

ビールのつまみにピッタリ、男性に人気のサーモンジャーキー

スモークサーモンと並んで人気のサーモン製品、サーモンジャーキー。
サーモンの旨みがギュッと凝縮され、噛み応えのあるサーモンジャーキーは、ビールのおつまみとして最適です。

少々塩辛いレギュラー味と、ピリッとした辛さがクセになるホット味の2種類があり、お好みに応じて1パックからお買い求め頂けます。
お酒好きの中高年男性に人気のある商品ですので、「お菓子ばっかりじゃなぁ」という時にお薦めのアイテム。
また、小腹が空いた時用に、スティックタイプのジャーキーもご用意しております。

こちらの商品は牛肉ではなくサーモン(鮭)から作られていますので、日本へ持ち帰ることができます。もちろん、狂牛病の心配はございません。