先住民族のお守り、ドリームキャッチャー

ドリームキャッチャーは、先住民族たちの間で魔除けのお守りとして作られてきた伝統工芸品です。

枕元や寝室の窓に掛けておくことで、
「良い夢は中央の穴を通って眠っている人へ届き、悪い夢は編み目に引っかかって朝日と共に消え去る」
と信じられてきました。
このことから、今では部屋や車の窓に飾るアクセサリーとして人気のある商品です。

大きさも手軽な1.5inch(3.8cm)から、本格的な12inch(45cm)まで色々な大きさがあります。
また一つ一つ手作りされているので、編み目の模様や色合いに個性がありお気に入りを探す楽しみも。

日本では10年ほど前にドラマの中で使われ、一躍有名なカナダ土産となりました。

当店で取り扱っているドリームキャッチャーは、100%カナダ国内で職人による手作りで作られています。